MENU

プエラリアと大豆イソフラボンの違い

大豆イソフラボンとプエラリア、何が違うのでしょうか?

 

大豆イソフラボンも豊胸成分として知られていますが、プエラリアはそれ以上に何かあるのでしょうか?

 

大豆イソフラボン

 

そもそも大豆イソフラボンってなんだろう?というところですが、女性特有の不調に良いということが言われています。

 

PMS症状しかり、生理痛・生理不順など、女性のサポートをしてくれるのが大豆イソフラボンという成分です。

 

イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンと同じ働きをしますから、バストアップに効果があると言われているのです。

 

このエストロゲンは、乳腺を刺激する成分で、乳腺は刺激されると発達し、脂肪を周りにつけるので、バストアップするということになります。

 

大豆イソフラボンには摂り方が2種類あり、食品から摂る、もしくはサプリメントから摂る2つの方法があります。

 

含有量の多い食べ物では、大豆の加工食品だと「きなこ」です。

 

きなこは簡単に摂取することができますから、食品で手軽に取りたい方にオススメです。

 

プエラリアミリフィカの働きと大豆イソフラボン

 

プエラリアミリフィカにはイソフラボンが多く含まれている・・・というのは、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

この植物からとれたサプリメントは「バストアップができる」と話題になっています。

 

大豆イソフラボンという言葉からイソフラボンは大豆からとれるもの、とイメージしがちですが、実はプエラリアミリフィカにもたっぷり含まれているのです。

 

しかもプエラリアには、大豆イソフラボンのおよそ40倍のイソフラボンが含まれていますから、驚きです。

 

大豆製品をちょこちょこ摂るよりも、サプリメントでプエラリアを摂取したほうが楽だし、効率もいいですよね♪

 

たくさん大豆製品を食べるのが難しい・食が細い・でもバストアップしたいという人は、サプリメントでイソフラボンを効率よく補ってみてはどうでしょうか?

 

ただ、品質の悪いサプリメントも出回っているので、その点にだけは注意してくださいね。